TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

豊田氏はクルマへの愛情を復活させようとしている

投稿日:

トヨタ自動車(株) 豊田明男社長は過去最高益を更新したばかりだが、今では子供たちが神経質になっている。 車を持っていない男の子には、女の子に質問する神経がある。

2013年10月8日

豊田氏(57)は9月、東京の明治大学の学生約900人が集まった講堂で、「これまで、誰かのことを知りたければ、彼女に車がないかどうか尋ねることはできなかった」と語った。 26. 「全部変わりました。 月々の電話代が入る。 また、駐車料金が高く、公共交通機関で東京を回りやすい。」と語った。
彼は出会いのことを言っているが、根底にあるテーマはジョークではない。 自動車メーカーが直面している最大の難問のひとつは、クルマを再びクールにする方法である。 高齢化が進む日本では、乗用車の販売台数が1990年代に比べて20%以上減少し、20代のドライバーの比率が走行年齢に達した時の半分程度となるなど、その重要性がますます高まっています。
アトランティス・インベストメント・リサーチ社のエドウィン・マーナー社長は「若い日本人は、古い日本人や自動車とはまったく異なり、20年前から25年前までは、その平均値ははるかに小さい。 1970年代以降、東京に居住し、日本に居住しています。 「iPhoneのようなテクノロジー機器に関心がある。 今日の若者にも車を買う金はない」と述べた。
豊田自動織機は、社団法人日本自動車工業会の会長として、学生に「モーターヘッド」としての長所を伝えるために、1カ月間のキャンペーンを行っています。 本田技研工業(株)、富士重工業(株)社長 三菱自動車(株)と 実施を計画する

4年前に社長兼最高経営責任者(CEO)に就任して以来、トヨタの創業者の孫は、自動車メーカーが自社のイメージを引き上げる必要があると言ってきた。 米国で86台のスポーツカー「サイオンFR-S」を発売し、アバロン、レクサスGS、カローラ・スリーカーのデザインを提案した。 また、彼自身の外見にも注意を払っている。通常は、暗いスーツとリムレス眼鏡である。 しかし、明治大学を訪れた彼は、セグウェイのようなトヨタ・ウィングレットに乗り込み、足首の上にカーキパンツを巻きつけ、四角形の深紅のネクタイ、黒いウェイファーグラス、トレンディなヘアドーを着用した。
90分間、豊田氏は好きなファストフード(おにぎりやサンドイッチをよく持っている)から、自分が所有するホリデーハウスの数まで、さまざまな質問をした。 ほとんどの場合、車への情熱と、赤ん坊やペットのように愛され、冷蔵庫のようにコモディティ化されるべきではないことを、彼は共有していた。
トヨタの土井正美広報担当者は、このイベントのポイントは、若者にクルマが楽しく、日本の自動車産業は大きな可能性を秘めていることを理解してもらうことだったと語った。 そのゲージで、トヨタは成功したように見えた。 聴衆の約90%が、彼の話が自動車への関心を高めたかどうかを尋ねると、手を挙げた。
興味を持っているかもしれない。 それは売上に結びつきますか?

会談後、Bloombergがインタビューを受けた10人の学生のうち6人は、金で車を買うことができないと回答した。 多くの人にとって、それは卒業後も残ることができる障壁である。

政府のデータによれば、過去15年間の平均賃金は15%低下している。 その背景には、1990年の20%から労働力の36%を占めるパートタイム労働者の増加があると経済協力開発機構は言う。 日本では、非正規労働者は通常若年であり、OECDの推定では、正規労働者よりも約40%少ない給与しか支払われていない。
駐車は役に立たない。 コリエズ・インターナショナルの最新の世界的な料金調査によると、アジアの香港に次ぐ、中心市街地の月額料金は約600ドルである。

警察のデータによれば、20代の日本人は昨年、運転免許を取得した全人口のわずか13%を占めたにすぎなかった。30年前は26%だった。 これは、年齢層の人口シェアよりも急激な減少である。

自動車協会によれば、1990年の510万台をピークに、2011年には352万台にまで減少し、今年は398万台に達する可能性がある。 その割合を見ると、日本の長期的な減少は、1990年に始まった過去最低の水準にある欧州と同様である。 IHS Automotiveの東京在住アナリスト、川野義昭氏は、自動車への関心の低下は世界的なトレンドだが、賃金の低下や高齢化は日本の方が急激であることを意味すると語った。
自動車メーカーにとって、新しい世代の買い手を引きつける1つの方法は、親をターゲットにすることである。 お父さんがディナーテーブルで車の話を十分にすれば、子どもたちも車のバグを捕まえるだろう、という考え方だ。

例えば、トヨタは昨年、86機を発売しました。 1983年に発売した「AE86カローラ・レヴィン」は、日本のスポーツカーの黄金時代に、トヨタの「スプラ」、日産の「スカイラインGT-R」、マツダの「RX-7」と名付けられました。 トヨタは、日本の買い手86人のうち65%が40代から50代になると予想している。
豊田氏は生徒たちにこう語った。「クルマが本当に楽しくなった時代を経験した人もいる。私もその中に含まれている。」 「あの世代がクルマをどれだけ愛しているかを見せれば、なぜ大人も幸せで興味を持っているのか疑問に思うようになるかもしれません。」日本の若者が加藤慶子のように多くいれば、子どもを見つけて、高齢者の価値観を常に共有するとは限らない。 加藤さんは3人の学生のうちの1人で、話を聞いてもまだ車を所有する必要がないと言った。
「もし誰かが1カ月¥100,000に希望するものに費やしたとしたら、車のために貯金するつもりはないと思います」と加藤氏は言う。19。 「冷蔵庫、マイクロウェーブ、きれいな家具のような実用的なものに費やしたい」。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.