TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 日産自動車

車体価格引き下げ→日産の米国内売上高を25%増加させる

投稿日:

日産自動車(NYSE:NM)の5月の米国内販売台数は25%増加した。 これは、値下げやインセンティブの引き上げなどにより、業界全体の3倍の伸びを示した。

日産の業績は、Bloombergが集計した8つのアナリスト平均予想の22%を上回りました。 世界最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車とホンダ 報告された利益は推定値を下回った。 富士重工業(株)の自動車ブランド「スバル」は、アジアの自動車メーカーを牽引し、米国向けの出荷台数は34%増加しました。

・エドマンズ・ドット・コムのアナリスト、ジェシカ・カルドウェル氏は「日産が5月初めに値下げを発表した際、米国でのシェア獲得に積極的な姿勢を示した」と述べた。 「実際の価格は4月より約4%安かったが、売り上げを伸ばすには明らかに心理的影響が大きかった」と述べた。
横浜を拠点とする日産の物価引き下げとインセンティブの強化は、2013年初頭からの円高ドル安の13%と一致しています。 2011年から2012年にかけて、円高の影響を受けていた日系自動車メーカーの利益率は、過去最高値を維持しています。 調査会社オートデータによると、日産は先月、インセンティブを5.8%引き上げた。
一方、トヨタとホンダの5月の平均インセンティブは、他のアジアの主要ブランドを上回った。

先月、日韓両国の自動車メーカーの米国売上高は7.7%増加した。 ニュージャージー州ウッドクリフ湖に本拠を置くオートデータによると、この数字は業界の8.2%増の140万台、軽トラックの数字を下回った。

北米営業担当上級副社長のジョゼ・ミュノズ氏は、月次ベースでの増益を後押しするため、円相場と同社の値下げの変更を却下した。 また、同社はインセンティブ支出を増やさなかったと述べた。

ムノズ氏は、円安は「われわれにとって本当に有利なことではない」と述べた。 昨年追加した新型車「アルティマ」や「パスファインダー」などのスポーツ・ユーティリティー・ビークルの売り上げが伸びた。 これは「米国で生産されているため、実際にはローカライズされている」と述べた。 日産とインフィニティのブランド車の売上高は、新型車の投入や米国のディーラーの意欲が高まったこともあって、11万4457台(前年同期は9万1794台)となった。
ムノズ氏は、値下げは「今月の好調な業績を牽引する重要な要因ではない」と述べた。 「主要な原動力は、昨年発売した新型車だと考えています」と述べた。

また、リーフハッチバックの販売台数は、前年同月の510台から4倍増の2,138台となった。 ムノズによると、6月末までには、電池式リーフの売り上げが2012年通期の9819台を上回る可能性があるという。 米自動車メーカーのフォード・モーター また、クライスラー・グループも5月の売り上げがアナリスト予想を上回ったと発表した。
フォードのFシリーズ、クライスラーのラム、ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)のシルベラドなどの大型トラックの売り上げは、今年5月までに21%増加し、米国の軽自動車全体の7.3%増の3倍近くに達した。

ケリー・ブルーブックの業界アナリスト、アレック・グティエレス氏は「国内メーカーにとっての懸念は、円安が進むにつれて、日本の自動車メーカーがインセンティブ(支出)の増加や価格の引き下げに関して、もう少し柔軟性を増すことになるだろうということだ」と述べた。 「これまでのピックアップトラック市場の成長は、円安によるマイナスの影響を上回っている」と述べた。
トヨタは先月、トヨタ車、レクサス車、サイオン車を20万7952台販売したと発表した。 前月比2.5%増だった。 これは、アナリスト平均予想の3%未満の増加だった。

また、5月には、米国自動車販売の永続的なリーディングカンパニーであるカムリの売上高が前期比0.9%減の39,216台となり、4月のアコードを上回りました。 日産のアルティマが3月に上回ったため、2月以降、米国製セダンはトップの座を占めていなかった。

TrueCar Inc.のALG社長で、かつて日産のプロダクトプランナーだったLarry Dominique氏は、「中規模セグメントでは、アルティマが今月30,000台のレンジにあるという事実は大きな変化である。これらのモデルがすべてカムリに登場するということは、大きな変化だ」と述べた。 「セグメント全体では堅調な月だった」と述べた。
トヨタの販売取引価格に対するインセンティブの比率は、4月の5.5%から5月には約6.6%に上昇した、とドミニク氏は述べた。

トヨタはまた、プリウスハイブリッド車の売り上げは前年同期比9.5%増の23,522台となり、過去最高を記録したと発表した。 同社は、4車種のプリウスの販売をさらに拡大するため、広告宣伝の強化に着手すると発表した。 トヨタは今週、年後半に発売予定の「カローラ」コンパクトを発表する予定だと、米国販売担当グループ副社長のビル・フェイ氏は述べた。 トヨタのレクサス・ラグジュアリー・ラインの売上高は、前期比3.6%増の22,229百万円となりました。

エドマンズのカルドウェル氏は「トヨタは、競合他社の一部と比較すると、わずかな伸びしか示さなかったかもしれないが、昨年5月には非常に好調だった」と述べた。 「中型車での競争が激化していることを考えると、カムリが乗用車の中でトップの地位を維持し続けていることは特に印象的だ」と述べた。
トヨタと日産に次ぐ日本第3位の自動車メーカーであるホンダは、先月、14万013台のホンダとアキュラを販売した。これは4.5%の増加で、アナリスト8人の平均予想の5.7%を下回った。 アコードは、カムリ向けのみで2回目となり、先月は前年同月比12%増の3万3218件となりました。 ホンダの米国プレミアム製品「アキュラ」の売上高は1.5%減の14,364件となった。

-トヨタ自動車, 日産自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.