TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

本田技研工業 自動車業界

Hondaは「タカタ」エアバッグリコールを拡大し、100万台を突破

投稿日:

 

本田技研工業(株) 事情に詳しい情報筋によると、エアバッグに欠陥がある可能性のある車両をリコールする見込みという。 これにより、100万台以上の大規模なマルチカンパニー・エアバッグ・リコールが拡大する可能性があるという。

 

回収には、高田工業(株)から供給されたエアバッグ用インフレータの故障が含まれる。 トヨタ自動車(NYSE:TM)も最近同様の措置をとる予定だ。 情報源によれば、Hondaのリコールは6月末までに発表されるはずだが、情報源は明らかにしていない。

 

Hondaは、高田のインフレータ問題に関するさらなる情報を待つ一方で、自社で何台の車両を呼び戻す必要があるのか、またどこに車両があるのかを調査している。情報源による。 同筋によると、リコール台数は昨年の世界での11億3500万台を上回る可能性があるという。

同社広報担当者の安藤明美氏は、昨年からエアバッグ関連のリコールを拡大するかどうかを尋ねた上で、「早急に調査を進めており、回収すべき車両があると判断した場合、速やかにリコールを申請する」と述べた。

 

世界最大の自動車メーカーであるトヨタは、これまで日本以外でリコールされた車両は162万台、日本ではこれまでリコールされていなかった車両は65万台増えたと発表した。 この5年間で、高田エアバッグを搭載した自動車の総台数は700万台を超え、世界中で回収されました。

2013年のトヨタのリコールは、ホンダ、日産自動車を含む自動車メーカーによる大規模なリコールの一環でした。 マツダ(株)と 事故で爆発する可能性のあるエアバッグ用インフレータを搭載した約360万台の車両を回収し、シュラプネルの破片を車両に送り込んだ。 トヨタは、高田が以前に供給した潜在的に欠陥のあるインフレータのシリアル番号が不完全であると判断したと発表した。 高田氏は、トヨタ自動車のリコール決定を支持すると述べた。

運輸省は、Honda、日産、マツダなどの自動車メーカーに、リコールを拡大する必要があるかどうかの迅速な判断を命じた。 マツダの広報担当者、小林美里氏は、調査がいつ完了するかについては言及を避けたが、日産にはただちに連絡が取れなかった。

 

米国道路交通安全局(NHSA)は先週、トヨタだけでなく、ホンダ、日産、マツダ、フィアット・スパーのクライスラー・グループが製造した推定109万2000台の車両について調査を開始したと発表した。 フロリダやプエルトリコの湿度の高い気候でエアバッグが適切に配備されていないとの報告を6件受けた。

-本田技研工業, 自動車業界
-, ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.