TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

TOYOTA、円が厳しくなった時の為に海外で増産を検討中

投稿日:

トヨタは、円が「厳しくなった時」の対策で、海外での自動車製造を増やすことを検討中。

トヨタ自動車 為替相場の円高による収益の減少により、海外での生産拡大が期待されます。
ポルトガルのオーバー工場でのインタビューで、小沢佐藤氏は「われわれは苦戦している」と述べた。

「われわれは困難な時期に直面している。 為替の影響を補うためには、生産コストの削減が必要であり、日本の国内市場から「ある程度」モノづくりにシフトする可能性があります。
4月から10年ぶりのユーロ安は、自動車メーカーや競合他社の輸出収益を減少させている。 日産自動車(NYSE:NSAN)のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は10月6日、日本が円高に対抗する措置を講じなければ、産業基盤の空洞化に耐えられるかもしれないと述べた。

当社ホームページによると、3月末現在の海外生産拠点は、26の国・地域50拠点となっています。 同社によると、10月6日には、研究開発、販売、管理のために、ブリュッセルにある欧州地域本部で100人以上を雇用しているという。

小沢工場は創立40周年を迎え、10万台のDynaトラックが月曜日に組み立てラインから外れるのを目の当たりにした。 この工場はハイエース・バンも製造している。

日本だからこそ品質が高い車を量産出来たというのがあるから、海外で同じような事が出来るとは思えないねー

 

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.